STORYストーリー

夕張の自然と
関係者の努力が実を結んだ
「夕張メロン」誕生

「シャーベリアス夕張メロン」の主原料である「夕張メロン」。
現在はメロンの高級ブランドとして、全国にその名を知られています。
しかし、その誕生の陰には夕張の農家のみなさんをはじめ、多くの関係者の必死な努力がありました。

夕張メロン

ひとつの出会いが
「夕張メロン」誕生のきっかけに

山々に囲まれた夕張は、標高も高く寒暖の差が大きいうえに樽前系の火山灰に覆われているため、一般的な農業には向かない土地柄で、かつては雑穀や豆類、アスパラ、長いもなどの野菜が細々と作られているだけでした。
夕張農業の衰退を危惧して、農家や農協、農業技術者などが打開策を考えているさなか昭和32(1957)年のことです。夕張市の農業改良普及員が、農家が自宅用に細々と作っていた「スパイシー・カンタロープ」というメロンとの出会が「夕張メロン」誕生に向けての第一歩となるのです。

「スパイシー・カンタロープ」の見た目は、メロンというよりはウリ。甘みもなく当時は青い果肉が主流だったのに対して、こちらは赤肉。
しかし農業改良普及員は、ほかのメロンに負けないほどの芳醇な香りを持つ「スパイシー・カンタロープ」に可能性を感じました。

夕張メロン畑

「スパイシー・カンタロープ」の見た目は、メロンというよりはウリ。甘みもなく当時は青い果肉が主流だったのに対して、こちらは赤肉。
しかし農業改良普及員は、ほかのメロンに負けないほどの芳醇な香りを持つ「スパイシー・カンタロープ」に可能性を感じました。

夕張の新しい特産品の開発に向けて、関係者の努力が始まりました。
重要な交配用メロンの選定、その原種探し・・・ 様々な試行錯誤の結果、昭和35(1960)年、抜群の甘さがある「アールス・フェボリット」との交配に成功。
努力が見事に実を結び、ネットの張りが良い高級感のある赤肉で芳醇な香りと、とろけるような甘みの新しいメロン「夕張メロン」(品種名「夕張キング」)が誕生したのです。
その美味しさは、予想をはるかに超えるものでした。

「夕張メロン」という“高級ブランド”

夕張メロン作付け、栽培、撰果、出荷までを一元的に行なう生産組合を中心に、夕張農協も一体となってブランド確立への取り組みが行われました。
高級ブランドを確立するためには、厳しい品質管理が必要です。糖度はもちろん、重さやネットのはり具合など、厳格なチェックが行われました。 徹底さられているからこそ、証拠として貼られる「夕張メロン」のシールは、高い信頼を得ているのです。昭和45(1970)年からは、首都圏の百貨店でも販売を開始。高級メロンとしてのポジションを、ゆるぎないものにしました。
現在も新品種についての研究は続けられていています。しかし「夕張キング」を超えるものは、未だ誕生していません。「夕張メロン」は、それだけ素晴らしい出来映えなのです。

夕張市農業協同組合の思いが
「シャーベリアス夕張メロン」に

高級ブランドとして「夕張メロン」の価値が高まる一方、その陰には栽培農家のみなさんにも大変な苦労がありました。
手間暇を惜しまず、メロン栽培に愛情と努力を注いでも、工業製品と違い、すべてが同じに育つ訳ではありません。味は良くても、シールを貼ることができないものもあるのです。
ブランドを守り、メロン農家も守りたい、せっかくの美味しいメロンをなんとか生かす方法はないか?そんな思いが「北辰フーズ」に寄せられました。

夕張メロン

美味しさの秘密は
素材の良さと製品開発力

そのころの当社は乳製品の加工製造が中心でしたが、何よりも、せっかく農家の方が育てた美味しいメロンを無駄にしたくない、少しでも農家の方に還元して差し上げたいとの思いが、製品開発に取り組むことへの強い後押しとなったのです。
製品開発にあたり、夕張メロンの芳醇な香りや美味しさをどう製品で表現するかが、一番の課題でした。試行錯誤の結果、美味しさや香りをそのままに保存性のあるゼリーの開発に成功。

製品開発

夕張メロンゼリーの原点
「シャーベリアス夕張メロン」誕生

初代のシャーベリアス夕張メロンゼリー初代のシャーベリアス夕張メロンゼリー

昭和59(1984)年、夕張メロンゼリーの原点ともいえる「シャーベリアス夕張メロン」が誕生しました。
「シャーベリアス夕張メロンシリーズ」は、北海道の夏の味覚。完熟夕張メロンの豊かな味わいを一年中お楽しみいただける商品として、
基本的な風味は守りながら常に美味しさの進化を続け、現在もたくさんのお客様に親しまれています。